人生を一発逆転|トーシンパートナーズで将来安泰|未来は自分で動かす
メンズ

人生を一発逆転

男の人

不動産の投資目的で売買されるマンションを投資用マンションと呼び、通常の住居用のマンションとは別の形態で売買されるものである。投資用マンションでは、間取りや築年数、設備の充実度などによりその価格が決められることが多くなっている。また、日本の国内経済や世界経済の状況などにより、その価格が大きく左右されることも投資用マンションの特徴となっている。これらのことから投資用マンションでは、値段の乱高下が激しい場合もあるため、投資時には的確な情報を入手し判断した上で投資するか否かを決める必要がある。投資用マンションでは、一棟全てを購入する方法と、マンションの中の1部屋など一部の区画のみを購入する方法などがある。

投資用マンションでは、収入の得方には大きく分けて2つの方法がある。どちらを選択するかにより、収益が大きく変わるケースもある。1つが、購入時と売却時の差額で儲ける方法である。この方法は、キャピタルゲイン方式と呼ばれ、安く購入し高く売却できるほど利益が大きくなる特徴がある。この方式で利益を上げるためには、マンション価格が底値に近い状況であることを見極めた上で購入することがポイントになる。もう1つの方法としてあるのが、購入したマンションを賃貸として貸し出す方式である。この場合は、家賃収入を得ていくことで利益を上げていくことになるため、賃貸運用を的確に行っていくことが重要となる。市場の状況などにより、どちらかを選択すると良い。