お金

関西で不動産運用をする

貯金箱

収益物件とは、不動産運用の際に用いられる物件のことで、近年東京だけでなく、大阪でも注目されています。利用するメリットとしては、人に貸し出すことで利益をあげることだけでなく、使わない物件を有効利用できるということも挙げられます。

もっと詳しく

人生を一発逆転

男の人

投資用マンションは、投資目的で販売されるマンションである。購入時と売却時の差額で利益を上げる方法と、購入したマンションを賃貸運用することで利益を上げる方式の大きく2つある。投資の際には、市場の状況などを見ながらの投資が必要である。

もっと詳しく

マンション経営のポイント

握手

人気の高いブランド

マンション経営は景気変動によるリスクが小さく、高利回りで長期的に取り組める資産運用の方法として人気があります。トーシンパートナーズは武蔵野市吉祥寺に本社を構え、主として個人投資家向けの投資マンションの開発と販売を行なっている不動産会社です。トーシンパートナーズの主力となるブランドにフェニックスシリーズがあります。単身者用のマンションですが、ファミリーマンションと同じ建材を使い、立地条件にもこだわることで、築20年以上たっても98%を超える入居率を誇っています。また新しいブランドのZOOMは、グッドデザイン賞を受賞した外観の美しさや、基本構造の安全性、高度なセキュリティ対策などで人気を集めています。

リスク回避のために

マンション経営は資金が少なくても始められ、現物資産が確保できて、所得税や相続税の節税対策にもなるというメリットがあります。しかし空室になると家賃収入がなくなることは大きな問題点です。経年劣化などで物件に魅力がなくなると、空室リスクが高くなり、家賃を下げざるを得ないことになります。トーシンパートナーズの投資マンションは、建物自体の魅力を高めることで、こうしたリスクを回避しています。耐久力が高い物件は築年数が経過しても安心して入居できます。また立地条件が良ければ多少古い物件でも入居者は集まります。外観のデザインや内装設備の充実にこだわっている点も、トーシンパートナーズの建築する投資マンションの特徴です。

投資を行うために

講義

不動産投資セミナーは不動産会社が無料で開催していることが多く、利用する人が増えています。いきなり不動産を購入しても、どのように運営したら良いか分からないからです。セミナーでは不動産投資に必要な知識や、物件の選び方などさまざまなことを教えてくれます。

もっと詳しく